見えない課題に気付くことで、
企業はもっと変わっていける。

顧問ネットワークグループ
パソナ顧問ネットワーク コンサルタント

白土莉加

2014年入社

海外への留学経験を通して得られる、1番大きなものって何だと思いますか?語学力でしょうか、異文化の奥深さでしょうか。私は、日本について再発見できることだと思います。 日本のことや日本人、日本企業のこと。ただ暮らしているときには知らなかった日本について、海外から見つめて初めて多くのことを知りました。自分に見えていなかった日本のよさを知るにつれ「この国で頑張っている人の役に立ちたい」と想うようになり、そうして出会ったのが、働く人や企業のお手伝いをすることができるパソナキャリアでした。
現在は、企業内にはないリソースやノウハウに関し、外部の専門家を紹介することで課題解決を行う「顧問ネットワーク」という事業のコンサルタントをしています。企業から「こんな知見を持っている人を紹介してほしい」とオーダーをいただいて、その通りの顧問を紹介することも、もちろんできます。 しかし、それではただの御用聞き。私たちコンサルタントには、企業のことを誰よりも理解し、企業が自分たちでは見えていない課題を一緒に発見し、解決していくことが求められているのです。

白土莉加

たとえば、クライアント企業から「営業力を拡大したい」という声が聞かれたとき。営業力の拡大にはより多くの営業職の採用が不可欠だから、と営業職の人材紹介を行う。しかしそれだけで終わってしまっては、根本的な課題解決にはなりません。 本当にやるべきなのは、とにかく人手を増やすことではなく、優秀な営業職の方にとってずっと働きたいと思われる会社か、と本質を見つめなおすことだと私たちは考えます。人事制度や給与体系、組織体制を考えてみることまで。クライアントと一緒に、企業の全てを根幹から考えなければなりません。 そうすると私が提案すべきは、営業職の専門家ではなく、会社づくりの専門家。私の考えの深度や視点によって、企業が解決できる問題は全く変わってくるのです。私がきっかけとなって、その企業がいい方向へ変わっていく。 それはすぐに改善されることもあれば、何年と時間をかけて企業全体が変化していくこともあります。その変化一つひとつを目の前で感じ、役に立てることが、私にとっての何よりのやりがいです。日本の企業は何もかも整備されているところばかりではなく、むしろやりたいことに対しての課題だらけの企業も多い。 そんな中で、私が携わることで、一歩ずつでも変わり、前に進んでいける。そんなお手伝いをしていけたらと考えています。

プライバシーポリシー  ご利用にあたって

copyright 2015 Pasona Career. all rights reserved.