キャリアなんか、
最初はわからなくてもいい。
大事なのは、考え続け、
行動してみること。

人材紹介事業部門
EMCRA1グループ マネージャー

村田祥隆

2011年入社

社会に出て、どんなことがしたいんだろう。何を基準に、働く場所を選ぶんだろう。大学生のころ、僕のキャリアに対する考え方はとてもフワフワとしたものでした。 一足早く社会人になっていた部活の先輩方から話を聞き、「僕も彼らのように、どこか入れた企業で働くんだろうなぁ」と、正直どこか他人事のような気もしていた就職活動。その中で偶然出会った企業のひとつがパソナキャリアでした。 明確な未来は見えなかったけれど、説明会や先輩たちの話を聞くなかで、ひとつだけとても印象的だったものがありました。それが、「介在価値」という言葉。メーカーや商社のように商品の価値で勝負するのではなく、自分自身が企業や人の間に入ることで、価値を発揮していく。 自分の頑張り次第で、サービスの価値をどこまでも高めていけることに惹かれ入社を決意しました。実際に今、働く中で感じるのは、介在価値を高めることにルールはなく、自分自身で考えたことを実践していける面白さがあるということです。 職種を飛び越えて、リクルーティングアドバイザーとキャリアアドバイザーを両方やってしまったっていい。転職希望者の方の希望に合わせて、それまでパソナキャリアとお取引がなかった企業へ新たに営業を仕掛けていくことを考えたっていい。 自分の考えで起こしたアクションで企業にも転職希望者の方にも喜んでもらえたとき、私は自分の介在価値を感じることができています。

村田祥隆

将来何がしたいのかわからなかった大学生の頃から、僕はずっと自分のキャリアを考えてきました。そうするうちに、大切なことは2つあるのではないかと気付いたんです。ひとつは、キャリアについて、いつも考え続けること。忙しく働いているとつい、目先の目標や悩みに流されてしまいそうになります。 でも、それが何のための頑張りなのか、これからどうしていきたいと思うから仕事をするのか、忘れてはなりません。もうひとつは、将来を考えるからこそ、今を頑張らなければならないということです。5年、10年と先のことを考えることは重要ですが、それをつくるのは今の頑張りの積み重ね。 先々のキャリアを見据えながら、今何をすべきかしっかりと地に足をつけて考えることも必要だと感じています。

これから就職活動をするみなさんの中にも、学生時代の僕のように将来が見えないと感じている人がいると思います。迷って、悩んでしまっている人もいるかもしれません。でも、わからなくたっていいんじゃないでしょうか。大切なのは、本当に自分のやりたいことや目指すものがなんだろうかと、考えるのをやめてしまわないこと。 明確にわからなくても考え続け、そのために今、何か行動を起こすことです。そうすることでいつか、自分が全力で取り組みたいことにも出会えるはず。自分の未来と、今と、真剣に向き合いながら、頑張っていってほしいと思います。

プライバシーポリシー  ご利用にあたって

copyright 2015 Pasona Career. all rights reserved.