PASONA CAREER-LABOWEB開発チームは、新事業の実験室

いま、パソナキャリアでは、毎日のように新事業が立案されています。アイデアベースからエビデンスベースまで、様々な状態の案件に対して、技術の側面からアイデアを深め、実際にプロットをつくり、新サービスの実現へと導いていく。それが、パソナキャリアのWEB開発チームの役目。当然、技術も、仕組みも、ゼロから考える。そして、つくって終わりではなく、自分たちのサービスとして、育てながら運用していける、それが何よりのやりがいになる。スキルは問いません。あらゆる案件にふれるたび、自然と自分の得意分野がわかってくる。そして、いつかは、エンジニア発信で新しいWEBサービスを生み出してみたい。そんな人にはぴったりの環境がここにあります。

LABO企画vol.1エンジニア新卒第一期生 座談会

  • 市川 芳大

    市川 芳大

    工学部卒。材料技術に関して学んでいたが、昔から興味をもっていたというWebの世界に惹かれパソナキャリアへ。チーム内では技術の長的存在。
  • 小林 七海

    小林 七海

    大学は農学部、大学院では工学部を卒業。将来は起業を望み、新規事業立ち上げを経験してみたいとパソナキャリアに入社。エンジニアの仕事にとどまらず、営業や学生の面接指導など、何でもこなす。
  • 嵯峨 志織

    嵯峨 志織

    情報学部卒。チーム内最年少でありつつ、誰にも臆せずコミュニケーションをとり、仕事もしっかり進める姉御のポジション。ときに、飲み会担当でもある。
  • 濱崎 賢

    濱崎 賢

    工学部卒。佇まいはイケメン、しゃべればどもる。メンバーからはしゃべり方がロボットのようだといじられながらも、なんだかんだ愛されている、将来のチームリーダー。
市川
普段はすぐそばで仕事をしているから、改まって座談会なんて、何を話していいかわからなくなるな。
濱崎
毎日のように顔を合わせているからね。
嵯峨
執務室での席は近いけど、同期同士で同じ仕事をしたことはないし、みんなが今どんな仕事をしているのか知るいい機会だと思うな。
小林
私はキャリアインターン※のサイトで、これから対談や座談会の記事をつくりたいと思っていたから、今日はいい機会なんだよね。どんな風にやろうか、ぜひ練習の場とさせていただきたいね。※キャリアインターン / パソナキャリアが運営するインターンシップに特化した、学生向けへの情報サイト。
濱崎
じゃあ小林さんのためにも、いい座談会にできるように。
嵯峨
そしてこの記事を見て、優秀な後輩が入ってきてくれるようにね。
小林
よろしくお願いいたします。

―セラミック、バイオテクノロジー、学祭実行委員、情報学……。
バラバラのバックグラウンドから、どうしてパソナキャリアへ?

市川
僕は工学部でセラミックの研究をしていたんだ。工学部の中でも材料系に特化した学科で、その中でセラミックについて。かなり狭い領域の専門的な研究かもしれないね。
小林
私も実は大学院は工学部で、研究テーマはバイオテクノロジー。廃棄物からエネルギーをつくったり、海外で科学系イベントを運営したりって活動もしていたよ。濱崎くんも工学部じゃなかった?私たち同期は、工学部が多いよね。
濱崎
そうだね、僕は木材の研究。研究そのものも楽しかったけど、学園祭の実行委員をやっていて、そっちの方が充実している学生生活だった。
小林
え、濱崎くん、学園祭実行委員なんてやってたの?
市川
人前が苦手って言っていたから、意外だね。
嵯峨
朝礼で社員の前に立つだけでも、まともに話せないことがあるのに。
濱崎
そんなにツッコミ受けるほど?(笑)実行委員は裏方だからね。自分がステージに立つわけじゃなくて、スケジュールの調整とか、スタッフ同士の取りまとめ。そうやって人を動かして何かするのは好きだし、得意だったんだよ。たしかに今、朝礼で話すのは苦手だけど……。
エンジニア新卒第一期生 座談会
嵯峨
なるほど。改めて仕事以外のことも話すと、みんなの意外な一面がわかるね。じゃあ、今の仕事に近い勉強を大学でしていたのは私だけかな。情報系の学部で、プログラミングの勉強をしていたから。就職活動のときもSIerやSEって働き方ももちろん視野にはあって、でも調べてみたら、正直なところ、あまり興味がわかなかったんだよね。もっと自分で考えて、何かをつくっていけることがやりたくて。IT系にこだわらず、幅広く職種や業界を見たときに、パソナキャリアを見つけたんだ。会社自体がやっている事業や、働いている人が魅力的で、私もそんな仕事してみたい!って。最初は営業職に応募して。選考の途中で、Webエンジニアを募集している話を聞いたから、この会社の中で、学んできたスキルを活かしてみたいと思ったんだ。みんなは全然違う分野を専攻していて、どうしてパソナキャリアに就職しようと思ったの?
濱崎
僕は、何か身近な人の役に立つものをつくる仕事が思っていて、その中でWebサービスに興味をもったんだよね。ちょうど『これから活躍するITエンジニアとは』って就活イベントを見つけて、知識もないし、まずは行って知ることからやってみようって。そのイベントで紹介されたのがパソナキャリア主催だったんだ。イベントでの講演内容も面白かったけど、何より、「新規事業をつくるWebエンジニアの新卒一期生」ってのに惹かれたんだよね。やりたいことができそう!って。
小林
「新規事業」と「一期生」は、やっぱりグッとくるワードだったよね。私も将来は起業したいって想いがあったから、最初に就職するときも自分でゼロから何かをできる会社がいいと思っていて。新規事業部なら新しいことがどんどんできそうだし、何より一期生だから、組織づくりもゼロから。何もかもが新しく自分たちで、って環境はすごく魅力的に思えたかも。
市川
一期生だと先輩がいないから、不安に思ったりはしなかった?
小林
全然なかった。むしろ、ルール通りにやらなきゃいけないとか、指示されたこと以外やってはいけない仕事のやり方はあまり興味がなくて。ノールールで自分で考えながら前に進める環境の方が向いていると思ったし、その方が成長が早そうだと考えていたよ。みんなも自由にやりたいタイプに見えるけど、そうじゃないかな?
エンジニア新卒第一期生 座談会
嵯峨
たしかにそうだね。自分でゼロから何かをできるって、すごくワクワクした。
市川
システムやWebだけを専門に扱っている会社ではないということも、僕にとっては魅力的だったかな。エンジニアだけがいる会社に行くのではなく、元々やっていた人材サービスがあって、営業の方がいて、そこに新たにWebの力が加わる。Webのスキル以外にもいろんなことを学べそうだったし、様々な事業や人が動いている環境の方が新しいものって生まれやすいと思ったし。
小林
そうか。みんなバックグラウンドはバラバラだけど、新しいことをやってみたい、つくりたい、という想いは同じだったんだね。

―ルールや前例がないからこそ、
「わからないことをやる」のが大変なところであり、楽しいところでもあるよね。

濱崎
最近まで、休日数をチェックできるアプリをつくっていて……。僕にとっては初めてのプロジェクトだったので、本当に大変だったんだよね。
嵯峨
知ってるよ。横で見ていて、大変そうだったから。
市川
濱崎くん、顔や態度に出やすいからね。「あ、今悩んでる」「わかんないことあるのかな」って、僕らはすぐ気付ける。
濱崎
その節はみなさんありがとう。ゼロからサービスをつくりたいと思っていたものの、やってみたらわからないことばかりだったんだよね。企画から実装、デザインまで全部任せてもらったんだけど、何をすべきなのか全然わからなくて。プロジェクトとはどう進めればいいんだろうとか、デザインって何をすればいいんだろうとか。僕の様子を察してみんなが声をかけてくれたり、相談に乗ってくれたりしたから、助かったよ。迷走ばかりしていたけど、振り返ってみると自分でひとつのプロジェクトを進めることができたんだなって。知識が増えたのはもちろん、自信もついたかな。
嵯峨
エンジニア新卒第一期生 座談会でも、その「わからないけど前に進むしかない!」という状況は、面白いところでもあるよね。私も研修を終えた次の日にはもう、「社内SNSを嵯峨さんに任せたい」と言われて。SNSの目的などは決まっていたけど、SNSってどうやってつくったらいいんだろうとか、みんなに見てもらうようにするにはどんな工夫が必要だろうとか、考えることはすごく多かった。考えて、やってみて、試したら上手くいかなくて、相談して、また考えて。失敗しながらも、失敗を生かして次に進めるんだよね。全部決まりきった指示をされて作業をするのではなく、企画や設計の段階から自分でアイデアを出していけたのはすごく楽しかった。使い慣れていた言語を使わず、CMSを使用したので、新しい技術の勉強にもなった。全部が新しくて、新鮮で、それを全部吸収していけたのが、本当によかったと思うよ。※CMS / Webコンテンツを構成するテキストや画像、レイアウト情報などを一元的に保存・管理し、サイトを構築したり編集したりするソフトウェア
エンジニア新卒第一期生 座談会
小林
ミラタネでしょ。見てるよ!※ミラタネ / パソナキャリア内で社員が使用しているSNS。新規事業に関するアイデアを誰でも投稿することができ、社内から意見やアドバイスをもらうことができる。
嵯峨
ありがとう!ミラタネは新事業が生まれる場所だから、ぜひ積極的に投稿してパソナキャリアの未来を盛り上げて!
市川
僕は、社長人のサイト作成やリニューアルを最近はやっているかな。研修のときはJavaの勉強のみだったけど、CMSを使った開発も新たに学び始めて。自分で調べながらだけど、知識が広がっていくのはすごく面白いね。できることが増えていくことには、自分の成長を感じるよ。※社長人 / 社会課題を解決するために、志高く仕事をする経営者を応援し、世の中の紹介する動画サイト。
濱崎
そうなんだよね。市川くんは勉強家で、知識量がすごいんだよ。プログラミングについて、聞いたら何でも答えてくれるよね。
小林
私たちにわかりやすく教えてくれるしね。私たち同期を技術面で強力に支えてくれる感じがする。
市川
同じものをつくるのでも、やり方は色々あるのがすごく面白く感じて、できるだけ多くのやり方を学んでみたいと思うようになったんだよね。今の仕事も、使う言語ややり方を指示されることはないから、「今度はこの技術を試してみようかな」と自分で試行錯誤しながら新しいことをやってみるようにしているんだ。逆に小林さんは、エンジニアの職にとどまらず色々なことに挑戦しているのが、僕はすごいと思うよ。
小林
最近は営業として社外へ行くことも増えたからね。元々はキャリアインターンのサイト運営をしていたからなんだけど、サイトの営業のために各大学を訪問したり、応募してくれた学生の面接に立ち会ったり、運営を手伝ってくれる学生たちを取りまとめたり。市川くんの言う通り、気づけば色々なことをやっているね。エンジニアはものをつくる仕事だけど、それを使う人が何を求めているかを知るにはコミュニケーションが不可欠。だから様々な人に会いながら仕事をしていけるのは、私の強みにしていけると思っているよ。
濱崎
話を聞いてると、みんな試行錯誤しながらちゃんと成長しているんだなぁ。
小林
年次関係なく、裁量が自分たちにあるから、本当にいろんなことができるし、その分成長が早いんだろうね。
嵯峨
そうだね。前例がない仕事ばかりだから、成功法則がない。でも、その分自分で一生懸命考えて成長できるし、自分が楽しいと思うやり方で進めることもできる。そういう意味では、この環境はすごく自分に合っているし、いいなって実感する。
市川
そうだね。考えながら進むのは楽しいし、自分でやったんだって達成感も大きく得られるから。今はすごくそこにやりがいを感じて仕事ができていると思う。みんなも同じように感じているのかなって、見ていて思うよ。

―せっかく個性豊かな4人が集まったから、
個人としても、チームとしても、それを活かしていきたい。

嵯峨
私個人としては、もっと新しい事業にゼロから入り込んで、新しいサービスを生み出すことをたくさんやってみたいかな。プログラミングの技術面はもちろん磨いていきたいけど、見やすいデザインや、使いやすい機能も追求していきたい。それから、私だからこそ提供できる価値は何かということも見つけていきたい。
今はゼロからやることを楽しんでいるけど、今度はこのWebチームをさらにパワーアップさせることも考えなくてはと思うよね。
市川
それは思うね。今はお互いに教え合いながら技術を伸ばしているけど、もっと学んだことを共有したり、世の中の最新技術をさらに取り入れたり。個人の力を高めるために、チームとして何をすべきか考えていくことも必要なんじゃないかと思うんだよね。僕自身、プログラミングを学んでいくことはすごく好きだし、もっといろいろなものを使いこなせるようになっていきたいから、さらに技術的な勉強しようと思っているんだけど……。自分が学んだことを、またチームにも還元できるようになったらいいかな。技術面でチームから頼りにされる存在を目指していきたいな。
エンジニア新卒第一期生 座談会
小林
頼もしいね!私も起業して新しいものをつくりたいという夢があるから、まずはこの場所で世の中を驚かせるようなものをつくっていきたいね。エンジニアって、新しい価値を生み出す集団だと思うんだよ。だから、社内でも、ここが1番新しい仕組みやアイデアの生まれる場所でありたい。こういうこと面白いよねって考えたことをすぐに、じゃあそれつくってみちゃおうってできるような。そういうチームでありたいよね。
濱崎
そう、そう。すごくいいチームだと思うし、もっといいチームにしていきたいんだよね。たった4人しかいないのに、それぞれの個性がはっきりしていて、すごくいいと思うんだ。個性を生かしながら、チームで力を発揮できる環境をつくろうと思うよ、僕は。
市川
たしかに、個性はとても強い集団だと思うね。
嵯峨
学校だったら、絶対同じグループにいないよね(笑)
濱崎
そう。そんな全く違う性格、志向の4人がいるのだから。それぞれが大暴れできたら、本当にすごいものをつくれるよ。いいチームづくりができるように、将来的には僕がマネジメントなどをやって、みんながいつも全力でチャレンジできるように頑張っていきたいと思う。
小林
なるほど。将来的にはリーダーとしてチームを引っ張っていってくれると。
市川
Webのチームも将来的には事業が大きくなって、仲間も増えるから。人前の苦手な濱崎くんがリーダーで大丈夫かなぁ(笑)
嵯峨
今はみんなの前でしゃべるときも、Pepperみたいなロボット口調だからなぁ(笑)※Pepper / ソフトバンクから発売された、人間の感情認識機能を搭載した最新のロボット。
濱崎
じゃあ、直近の目標はPepperより上手に話せることから!
嵯峨
濱崎くんの話術が上達しなかったら、私たちのリーダーはPepperになるかもしれないんだね。
濱崎
さすがに大丈夫だから!ちゃんと待ってて!(笑)
エンジニア新卒第一期生 座談会

プライバシーポリシー  ご利用にあたって

copyright 2015 Pasona Career. all rights reserved.