PasonaCareer

沿革

沿革

社会課題を解決し、
誰も見たことのない未来を創造する

社会を視る。その繰り返しの中でパソナキャリアは育まれてきた。
1993年、パソナキャリアの前身となる人材交流システム機構が設立。
立ち上げたのは、現在のカンパニープレジデント、渡辺尚だ。
現在のパソナグループに入社後、バブル崩壊で失業者が急増する状況に創造し、過去の体験はすぐに中高年の再就職支援事業へと結びついた。
社会を視る私たちを突き動かすのは、揺るがないパソナグループの企業理念「社会の問題点を解決する」。
今後も社会視力を研ぎ済ませ、新たな社会インフラの創造に励む。

人材紹介部門

再就職支援部門

新規事業

1976

パソナ創業

1985

エグゼクティブを対象とした人材斡旋・職業紹介を行う「(株)グローバル・ブレイン」設立

1993

転職支援などの系列外出向を通じて人材の誘導かを実現する「人材交流システム機構」設立代表取締役社長:渡辺尚出向支援事業開始

1997

中高年のインターンシップ「キャリアインターン」サービス開始

1998

離職者が会社に在籍したまま他社で研修を受ける「トライアルインターン制度」スタート

1999

パソナ人材紹介事業部門が発足

2000

札幌、仙台、水戸、横浜、名古屋、大阪、神戸、広島、北九州、福岡に支店を展開

2001

「(株)パソナキャリアアセット」に社名変更再就職支援事業開始

2002

「官公庁事業部」設立

2002

47都道府県全国網完成

2003

人材紹介部門が「(株)パソナキャレント」として分社代表取締役社長:有馬誠

2003

充実したセカンドライフのための様々な生活支援サービスの提供「セカンドライフ支援」開始「日本CHO協会」発足代表:南部靖之

2006

女性自身が「自分らしく働くこと」を実現する「WomanCareer」サービス開始

2006

再就職業界トップシェアへ

2007

(株)パソナキャリアアセットと(株)パソナキャレントが合併「(株)パソナキャリア」誕生代表:渡辺尚

2008

横浜市青葉区より「若者キャリア相談事業」受託役員向け再就職サービス「エグゼクティブコース」開始

2010

(株)パソナと(株)パソナキャリアが合併「(株)パソナ」パソナキャリアカンパニー 代表:渡辺尚

2010

ハイクラスに特化した人材紹介サービス「エグゼクティブ転職支援」サービス開始

2010

健康経営につながる組織風土づくり「良い会社プロジェクト」設立

2011

千葉県の若者の就職を支援「千葉県新卒未就職者支援プロジェクト」開始岐阜県内の職業訓練終了者を対象に再就職支援「岐阜県産業人材就業マッチング事業」開始

2012

日経企業のグローバル活動を担う「日本人留学生」の採用支援サービス「新卒紹介サービス」開始

2012

健康経営につながる組織風土づくりの指針「良い会社サーベイ」サービス開始

2013

企業の経営課題をシニアが解決する経営コンサルティング事業「パソナ顧問ネットワーク」サービス開始

2014

女性の転職支援サイト「WomanCareer」リニューアル

2014

都市部人材の高知県へのI・Uターンを促進。高知県と産業振興に関する「包括協定」締結女性の再就職を支援。東京しごとセンター「女性しごと応援テラス」開設

2014

経験豊富なベテラン人材を経営トップの相談役として紹介「社外取締役紹介」サービス開始長期実践型インターンシップのWebサービス「キャリアインターン」サービス開始経営者と志を共有する"共感就職"
経営者動画サイト
「社長人」サービス開始

2015

"女性管理職"の転職と転職後のキャリア形成を継続的に支援「キャリア支援付 女性管理職人材紹介サービス」開始

2015

専任のジョブトレーナーが正社員就職を支援「東京しごと塾〜正社員就職プログラム〜」開始

2015

利用企業社員のSNSを活用した採用サービス「コネクテッド」サービス開始

2016

企業の女性採用、育成、女性活躍の風土づくりを提案する「女性活躍推進コンサルティングチーム」発足スマホアプリで「職務経歴書」が簡単に作成できる転職支援アプリ「転職ナビ」リニューアル

2016

Webやマーケティングのスペシャリストの顧問サービス「ProShare(プロシェア)」サービス開始未経験からITエンジニアを育成する無料オンライン講座サービス開始